単身者向けの賃貸物件について

単身者向けの賃貸物件の多くはワンルームや1Kといった間取りとなっています。 どちらも部屋数は一つとなりますが、決定的な違いがあります。 まずワンルームはキッチンスペースが居室内にあるものとなり、廊下やキッチンがないため、専有面積がそのまま部屋の広さとなります。 それに対し、1Kの場合は、居室とキッチンスペースが分かれている間取りとなっています。 それぞれメリットデメリットが存在しますが、ワンルームは比較的広く感じる住空間を得られるため、デッドスペースなどが不要となるメリットがある一方、バスルームはユニットバスのものが多いといったことや、ガスが通っていない住宅が多いため、調理の火力が弱いといったデメリットがあります。 一方1Kの場合は、居室とキッチンが分かれることによって廊下が存在し、脱衣スペースや洗濯機置き場、収納スペースが充実しているものが多いというメリットがある一方、間仕切りがあるため空間が狭い印象があるというデメリットがあります。 現状では1kよりワンルームの賃貸物件が家賃設定は低い傾向にあり、男性は炊事をする機会がすくないため、ワンルームタイプに、女性は収納やセパレートタイプのバスルームを希望されることが多いため1Kの選択が多い傾向にあります。

馬込の賃貸なら明東建設へお声かけ下さい。 4012 6/4

Copyright ©All rights reserved.単身者向けの賃貸物件について.